FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
みなさん、こんにちは。
ここ最近秋晴れで爽やかな日々が続いています。
いかがお過ごしですか?

さて、タイトル通り、本日はちょっとブレイクタイム。
近所の”名所”をご紹介します。

トライデントの校舎のお向かいに”高牟神社”があります。
「高牟」という名は、かつての豪族、尾張・物部氏が武器を納めていた倉を、後の世に神社にしたことに由来しているそうです。
また、「高牟」の「牟」は、古代武器の“鉾”を指す言葉で、「高」は その美称。
つまり「高貴な鉾」が納められた神社。という意味だそうです。
知らなかったです・・・

ちょうど10月14日・15日が『大祭』にあたっていましたので、トライデントの学生のみなさんも放課後に立ち寄る姿が見られました。
って・・・私もいい匂いとお祭りの音楽に誘われて覗きに寄りました(^0^)/

大祭③

お祭りって、やっぱりワクワクしちゃいますよね

大祭②

実は 高牟神社の境内にある、つきることなく湧き出ている名泉が有名です。
「古井(恋)の水」と呼ばれる霊水で、この水を飲むと

    「恋が生まれる」
    「長寿に恵まれる」

と言われています。
応神天皇長寿の祝水として産湯に献上され、現在では日本名水百選に選ばれているため、毎日お水を遠方から汲みにいらっしゃる方も多くお見かけします。

大祭④

さらに 私も知らなかったのですが、”恋の三社めぐり”と言って、名古屋市千種区には恋愛祈願の神様にちなんだ

    「城山八幡宮」
    「高牟神社」 
    「晴明神社」

という3つの神社があり、恋にまつわる三社を参拝する神社めぐりが人気なんだそうです。
恋の三社めぐり”集印スタンプ台紙”なるものが社務所で販売されているので、興味のある方は是非

大祭⑤

牛の頭を撫でて・・・自分の頭も撫でて・・・っと・・・

大祭⑦

日本の”朱”は本当に美しいですね・・・・

大祭⑥

大祭ということで、近所の子どもたちが法被を着て、獅子頭を担いでいました。
獅子頭が参拝者に噛み付いている様子をたまにみかけますが、これは悪魔払い・疫病退治をしてくれているんですって。
特に子どもが頭を噛んでもらうと強い厄除けになり、子どもの成長・学力向上・無病息災にご利益があるとされています。
次世代を担う子どもたちが何事もなく健やかに元気に育ってほしいという思いから、道中で獅子舞に会った時、優先的に子どもを選んで頭を噛んだりするようですよ。

久しぶりにゆっくり散策してみましたが、日本の文化って知ると面白いことが沢山・・・ってつくづく思いました。

機会がありましたら、是非皆さんも立ち寄ってみてくださいね。
新しい発見がきっとありますよ。




 
2015.10.15 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。